知っておきたい!マナーを守る大切さ

話を聞くときには感情移入をしながら聞いてあげるならば、相手は慰められます。

知っておきたい!マナーを守る大切さ

感情移入をする

人を慰めるのが上手な人がいます。
今の時代は問題を抱えた人が多くいます。
それで、慰め上手な人はどの友人からも感謝される友人です。
生活上のストレスと戦っている多くの人は、自分のその苦しみを他の人にも聞いてもらいたいと考えています。
それで、親身になってそれを聞いてくれる友人がいると心が和むのです。
これは、人間関係を円滑に進めるマナーにも関係してくる内容です。
つまり、人の話をどのように聞くかということです。
人の話を聞くときに、相手に感情移入をしながら聞ける人は、相手から感謝されるということです。
では、感情移入をしながら聞くとはどういうことでしょうか。
それは、相手の気持ちに対する理解を示すということです。
相手が苦しいと感じているのであれば、それを受け止めます。
苦しいと感じる必要はないというような一般論は述べません。
一般論を聞くために、近づいてきたわけではないからです。
仮に、こちらがそのような一般論を話しだすならば、相手はこの人に話しても無駄であると感じることでしょう。
自分の気持ちを理解しようとはしてくれない人と判断するはずです。
そうすれば相手は内面を打ち明けるのをやめようとすることでしょう。
それでそのようなときにこそ、感情移入が必要です。
「それは大変でしたね」という言葉を述べることが出来るでしょう。
相手が大変だと感じていることを認めてあげることが大切です。
そのような姿勢で聞くならば相手は慰められます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 知っておきたい!マナーを守る大切さ All Rights Reserved.